本文へスキップ

◇沖縄占い鑑定で未来の幸せを目指す◇ Okinawa UranaiKantei

沖縄占い鑑定その25STAGNATION (停滞期)

なぜ停滞期がやってくるのか?

頑張っているのになぜか報われない。誰でもそんな時期があります。それがいわゆる停滞期。仕事の停滞期、夫婦の停滞期、人生の停滞期、いろんな停滞期に人は悩まされます。なぜ停滞期がやって来るのか、そこから何を学べばよいのか、ここでは停滞期について考えてみましょう。

アスリートに巡る停滞期


競技場を埋め尽くす群衆。その視線の先はすべてあなた一人に向いています。会場割れんばかりの拍手を浴びて、あなたは自分の競技に集中しています。このような状況を想像してみてください。もし、あなたが優秀なアスリートであれば、このような最高のシチュエーションを味わうことができます。多くの人から尊敬と羨望のまなざしを受ける快感は、それを味わった人にしかわからないでしょう。

停滞期とは以前、アスリートの道を歩む、ある若者が訪ねてきました。彼は空手を長いことやっており、将来はその道で有名になりたいと真剣に考えているようでした。彼はどちらかと言えば細身の体躯であり、空手をやっていると言わなければ、私も気がつかなかったでしょう。彼は言いました。

「私は長いこと空手をやっています。将来はこの道でやっていこうと考えていますが、この先どうなるのでしょうか」。アスリートによくあることですが、彼はちょっとした停滞期に悩んでいるようでした。以前は上達するのが手に取るようにわかったと言います。ところがここ近年はまったく伸び悩んでおり、成績も振るわないとのことでした。

「わかりました。停滞期の原因を探ってみましょう」。私はそう言うと、事前に用意していた彼の資料に目を通します。停滞期―それはアスリートが最も恐れる状況でしょう。停滞期に落ち込んでしまえば、そこから抜け出すのはけっして容易ではありません。どんなに練習を頑張ってみたところで、満足のいく結果が出るとは限らないのです。

そこから焦りが出てきます。精神的にも追い詰められていきます。東京オリンピックで活躍したあるマラソンランナーは、成績が伸び悩んで自殺という最悪の結果を招きました。アスリートにとって停滞期とは、それほど大きな試練かもしれません。

なぜ停滞期が巡るのか?

なぜ停滞期が巡るのか「停滞期に入ったのはいつ頃からですか。」おそらく停滞期の原因は数多くあるでしょう。そのときの身体の調子、心の問題、あるいは才能の枯渇ということもあるでしょう。またはすでに本人の実力がピークに達しているのかもしれません。停滞期には様々な要因が複合的に絡まっているのでしょう。停滞期の原因を特定するのは容易ではありません。

「停滞期に入ったのは、今から2〜3年前くらいです」。彼のその頃の状態を確認してみます。ちょうどその頃に周期の変化が生じています。以前の周期をみると、かなり良い状態であったことが予想されました。以前は「身体の周期」が巡っていました。この「身体の周期」が良い状態で巡りますと、身体全体に生命エネルギーが流れていって、身体全体の活力が生じてきます。また、身体のリズムが活性化されるために、運動神経や反射神経が強化されます。

このように身体全体がアクティブな状態になれば、当然、スポーツでは活躍できるというわけです。実際に多くの優秀なアスリートがこうした心理構造を最初から持っているか、あるいは周期で巡るかのどちらかなのです。この青年の場合は、周期の流れで巡っていました。ところがここ3年ほど前に大きな周期の変化があり、現在は「理性の周期」に入っていました。

「理性の周期」に入れば、特に意志力が強化されるようになります。しかし、生命エネルギーが理性に流れていくために、身体能力は相対的に弱まるのです。意志力が強くなり、その反対に身体機能が弱まりますと、身体が意志の力についていけないために、身体が故障するようになります。つまり、努力する力が強まるのですが、身体の回復力や機能全体がそれに追いつけないために、身体が持たないのです。

停滞期の本当の原因とは

多くの優秀なアスリートがこのような運命をたどります。運命の変化を知らない人は、急に才能が枯渇してしまったと考えるでしょう。しかし、才能そのものがなくなったわけではなく、周期的なリズムによって一時的に与えられた力が消失したにすぎないのです。

「あなたが停滞期に陥った原因は、時期的な周期リズムの変化によるものです。以前は好調であった身体のリズムが、今はもう過ぎ去っているのです」。なるほど、そんなことがあるのかもしれない、と青年は考えたようです。毎日をハードな練習に明け暮れるアスリートであれば、そうした何らかのリズムがあることは、経験的に理解できるのでしょう。

停滞期の本当の原因とは「そうですか。では、いつ頃からそのリズムは戻ってくるのですか」。身体のリズムは意識の指令を受けて働くために、その影響を多く受けます。意識の状態が充実しているときは身体の調子も良いのですが、反対に意識の状態に乱れがある時は、身体の感覚も何となく冴えません。それは多くの人が経験している事実です。

「私がここで言っているのは大きな周期のリズムであり、一時期の小さなリズムではありません。あなたは10数年前にこの調子のよいリズムに入って、しばらくは好調な時期が続きました。どうやら現在はその影響が去りつつあるようです、ということなのです」。

この青年の場合、身体的な能力は生まれついての才能ではなかったようです。それは周期で巡る力によって、一時的にもたらされる能力であり、その期間だけ身体能力が向上していたにすぎません。ですからその周期が巡っている間は、身体能力が活性化されて能力を発揮できますが、その時期が過ぎ去ってしまうとその能力も失われるのです。つまり、彼の停滞期は一時的な停滞ではなく、これからもずっと続いていくと予想されるのです。

「そうですか・・・・」。彼は自分の停滞期は一時的なものだと考えていたようです。おそらく、そのうち回復するだろうと考えて、練習に励んできたに違いありません。大変残念ながら、そうではなかったのです。運命とは残酷なものだと言わざるをえません。落胆している彼の姿をみると、本当に気の毒に思えます。彼のような停滞期が巡るパターンは、特別なものではありません。多くのアスリートが彼と似たような状況を経験しているのです。

相撲のある優秀な関取は若くして異例の出世を遂げましたが、それはやはり周期の巡りによってもたらされた能力でした。周期のリズムが変わって数年後に身体を壊し、若くして引退を余儀なくされました。また、ある野球選手は若くしてドラフト2位で指名され、将来の活躍が期待されました。しかし、球団に入団して数年後に周期が変化して好調な時期が過ぎ去り、それに比例するかのように序所に成績が下がり始めて2軍落ちとなり、結局はその後も活躍できずに引退したのです。

停滞期を乗り越える方法とは


アスリートの活躍と彼らの心理リズムの調子は、多くの場合みごとに一致します。ある有名なテニスプレーヤーを追跡調査したときは、心理グラフの上下の動きと彼女の毎年公表されるランキングの順位は、考えられないくらいにピタリと一致しました。このような統計的な実地調査からも、心理リズムの計算が正確に為されていることが証明できるはずです。

また人間の身体が、いかに意識の影響を受けているかがわかります。それは優秀なアスリートでも例外ではないのです。「では、もし先生の言うように、今後も伸びていかないとすれば、私はどうすればよいのでしょうか」。

停滞期を乗り越える方法彼は不安げな眼差しで私を見つめて言いました。これは多くのアスリートが突き当たる問題です。実際にアスリートの多くが幼少期からこの道一本に打ち込んできています。それがどんどん伸びて成長していくときは、希望とやる気に満ちていることでしょう。しかし、どんなスポーツであれ、身体や技術の限界というものがあり、いつかは必ず停滞期という壁に突き当たるのです。

そのときにアスリートとしての真価が問われるのかもしれません。それは実は競技で良い成績を残すよりも、もっと大切なものではないでしょうか。アスリートの多くがそうした停滞期という試練の舞台に立たされます。そこでその壁をどのようにして解決していくのかが問われるのです。私の目の前にいる青年は、まさにそうした人生の岐路に立っていたのです。

でも、彼がスポーツをすることの本当の意味を理解していれば、この難問は何とかクリアできるでしょう。「あなたが今後はどうすれば良いのか、という問題は簡単ではありません。なぜならその回答は人によって異なるからです。ある人は挫折感を抱いて今後の人生を歩んでいくかもしれません。別のある人は後進の指導に活路を見出すかもしれないのです。それはあなたがこのスポーツを通して、何を学んできたかによるでしょう。おそらく未来にその成果が試されるのです」。

彼は押し黙ったまま私の話を聞いていました。どこかに何か、感じるものがあったのかもしれません。アスリートの多くは非常に苦しい練習を、長期間にわたって積んできています。でも、なぜそれを続けるのかと聞かれても、案外答えられないものです。好きだから続ける、有名になりたいから続ける、答えはたくさんあるでしょう。一見すると、他人と競争しているように思えることでも、そこで共通しているのは、実は自分との戦いではないのでしょうか。

停滞期に意思が発達する

自分の甘えた心、人に依存する弱い心、現実に妥協する貧しい心などが誰の中にもあるものです。人間の潜在意識の中には、こうした本能の弱点があります。そこで人はそれを乗り越えるために、自分自身に対して過酷な試練を課して挑戦するのです。

アスリートはこうした自分の心と向き合い、それと日々戦うことで自らの弱い心を乗り越えていくのです。それが彼らの宿命なのです。彼らはこうした身体のプロセスを通して人間として大きく成長していくのです。もし、それがアスリートの真の目的だとすれば、停滞期という壁に突き当たった時の対処法は、おのずと見えてくるのかもしれません。

「あなたは当分の間、これまでの目標を見失って、さ迷うことになるかもしれません。でも、これまであなたが成し遂げてきた経験はとても貴重なものであり、その価値がなくなることはありません。それはあなたの運命に大きな力となるのですから」。

多くのアスリートは明日の栄光を夢見て、日々の苦しい練習に励んでいます。それは身体のプロセスであり重要なものですが、けっして運命の本流というわけではありません。一時期の栄光も、大局的な運命から見ればそれは夢幻のようなものでしょう。アスリートの真価がその身体的なプロセスに宿っていることを知れば、彼の悩みも消え去っていくのかもしれません。


高性能の四柱推命ソフト

運命を一瞬で読む、プロレベル通信講座


1) 運命をソフトを使用することで、どんな人の運命も瞬時にリーディング。性格、才能、能力、気質、体質、運勢を瞬時に読み解きます。ビジュアルグラフの使用で、誰でもプロレベルの鑑定が可能に。

2) 初心者の方でも最短3ヶ月、通常でも6ヶ月間で、本格派の琉球四柱推命がマスターできます。これまで難しくて手が出なかった四柱推命が、驚くほど簡単に学べます。

3) 教材の到着後、すぐに使える「日取りカレンダー」が付いています。四柱推命で計算した吉日を選択して行動しましょう。面接、商談、旅行、引越し、デート、あらゆるシーンで開運効果が期待できます。

4)受講料は本格派ながらも、どこよりも格安。驚きの低料金で、本格派の四柱推命が学べます。あなたの運命を変えるチャンスがここにあります!


◇ さらに詳しく知りたい方は、「琉球四柱推命学校」のサイトへ
◇ お電話の問い合わせは、TEL 098−995−0730 へ電話ください。


沖縄占い鑑定についてtopics

電話鑑定を希望の方                            

琉球四柱推命を使った運命鑑定を、電話で受けることができます。あなたの悩みごとをご相談ください。

30分コース=5千円、1時間コース=1万円です。事前に電話で予約をお取り下さい。予約時に相談する方の生年月日(時)をお知らせください。

1)事前に電話で予約をお取り下さい。
2)予約後、下記口座に鑑定料金を振替してください。
3)決められた日時にお電話ください。

予約電話 098−995−0730

振替口座 01750−3−0090489
加入者名 オフィスファル

※振替口座は郵便局の振替口座です。郵便局の窓口、あるいはATMより青い用紙に記入して送金ください。電信扱いの場合はすぐに確認が取れますが、文書扱いの場合は振込確認に3日ほどかかります。相談をお急ぎの場合は、電信扱いでお願いします。(振込料が異なります)

         
                 

 出張で鑑定を希望の方

那覇の占い鑑定所は、2014年7月15日をもちまして終了しました。ご愛顧くださりありがとうございました。今後は、出張鑑定での鑑定となります。完全予約制となります。

1)運命鑑定希望の方は、事前に電話で予約してください。
2)出張場所は、糸満市のファーストフード店となります。
3)予約時に、生年月日時をお知らせください。(生誕時間までわかると精度が上がります)


◇鑑定料金 10,000円(1時間以内)完全予約制です。(1人〜4人まで可能)

TEL 098−995−0730



琉球四柱推命で、その人の運命を瞬時にリーディングします!


琉球四柱推命は、その人の生年月日時、生誕地の情報から、その人の運命を瞬時にリーディングする新しい四柱推命です。その人の性格、才能、能力、人間関係、進路、適職、相性、運勢など、驚くほど正確な運命鑑定ができるのは、琉球四柱推命ならでは。あなたも琉球四柱推命で、自分や家族の運命鑑定を受けてみませんか?

沖縄占い鑑定

〒900-0013
沖縄県那覇市牧志3−4−8ー2F

TEL 098-995-0730