本文へスキップ

◇沖縄占い鑑定で未来の幸せを目指す◇ Okinawa UranaiKantei

沖縄占い鑑定その5 INGA OUHOU (因果応報)

因果応報は本当にあるのか?

因果応報という言葉があります。これは過去における善悪の業が、現在において幸福や不幸の状態を作り出すという意味です。古来より仏教思想の定着した我が国では、この思想が当然のように受け入れられてきました。

科学思想の広まった現代においては、やや迷信的なもののように思われていますが、この発想法じたいはいまだに人々の心の中に生き続けているようです。この因果応報の思想は、私たちの運命にどのような影響を及ぼしているのでしょうか。それにまつわる面白いエピソードがありますので、少し紹介してみます。

因果応報の実例をみる


これはだいぶ前の話ですが、50代の男性の相談者の話です。その人は親の事業を引き継いだ方で商事会社を経営していました。経営のほうは順調とまではいかないものの、これまでは何とか採算ぎりぎりの線で経営してきた、とのことでした。ただ、そのぎりぎりの経営にとっては、会社の存続に関わる大変な事件が発生したのです。「こんな目に遭うなんて・・・・」相談者の男性は非常に落ち込んだ様子で、肩をがっくりと落としています。

沖縄占い―因果応報とは実は、その男性は経営者にとっては最も恐るべき事態に陥っていたのです。なんと、額面3千万円の不渡り手形をつかまされた、とのことでした。経営者にとってこの不渡りということほど怖いものはありません。どんなに会社の経営がうまくいっていても、一瞬にして会社が傾くのです。不渡りによる会社の倒産の話を何度も聞いていましたが、それに直面している当の体験者から話を聞くのは初めての経験でした。

男性の話を聞いていると、痛いほど気持ちが伝わってきます。「なぜ、私だけがこんな目に遭うのでしょうか?」男性は何度もこの言葉をつぶやきました。私も最初はその男性にまったく同情的でした。でも、当の男性の話を聞くうちに、少しずつその考え方が変わってきたのです。実際に、世間ではこのような不条理な話をよく聞くものです。不渡りだけでなく、知人の保証人になったために多額の借金を背負わされた、ということもあります。

一般的に考えれば、その男性は完全に被害者であり、その契約に関しては何の落ち度もありません。悪いのは一方的に相手のほうであり、自分には責任がないと考えます。でも、複雑な運命の世界を研究している私にとっては、一考を要するのです。なぜなら、このような一見すると不条理に思えるような出来事でも、その背後には正当な深い道理が存在することがよくあるからです。

因果応報とは


「そうした目に遭わされるような、思い当たる節はないのですか?」最初は何気なく、念のために尋ねました。「まったくありません」男性はたしかにそう言いました。私はその答えを聞いてから、その男性の鑑定資料に目を通しました。なるほど、事件の起きたその○○年はその男性の「不和の年」に当たっていました。不和年というのは、運命分析において独自に名付けている10年に一度くらいの割合で巡る不安定な年を言います。

不安定な年といっても、その内容は人によって様々ですが、たとえばこの年に病気を発病する人、うつ病などの精神病になる人、妄想にとらわれてストーカーなどになる人、離婚する人、失業する人、交通事故に遭う人などもいて、まったく千差万別といってもいいでしょう。ただ、そこには共通している法則があります。それは、その不和年においては必ず「苦しい状況が発生する」ということです。この予測が外れることは、まずありません。

そしてこの年がいつ頃巡って来るかは、その人の生年月日時を詳細に計算すれば、確実にわかるのです。そしてその計算した年が実際に巡りますと、運命的には非常に苦しい心境が発生してくるのです。では、この「不和年」というものは、どのような原理の下で発生するのでしょうか。この不和年は周期的に巡って来るために、その背後には確かな運命原理が存在することを想定しなければなりません。

因果応報は不和期に発生する


私は長年の運命研究から、この現象が人間の「理性の機能」と深く関係していることを突き止めました。「理性の機能」とは、人間に社会の常識やルールを守らせて人間を人間らしくさせる高等な機能です。ですから、この理性機能が働かなければ、人間は健全な社会生活を営めないのです。不和年には、高等な理性の機能が実際に麻痺してしまうのです。この機能が麻痺すれば、人間はまともな社会生活を維持できなくなります。

沖縄占い―因果応報の時期たとえば根拠のない妄想にとらわれたり、精神的な圧迫感を感じたり、被害妄想に襲われたり、情動的な本能に支配されたりします。また、そうした異常な心理状態が長く続きますと、身体のどこかに病気を発生させたり、突発的な事故を引き起こしたりするのです。通常の人間は、この理性機能がきちんと機能しているために、こうした潜在意識の衝動をうまく処理しています。

でも、この不和年が巡りますと、その高等な理性の機能に障害が発生します。実際に理性の機能が衰弱して、その年はうまく機能しないのです。こうした年は非常に危険な年といえるでしょう。ただ、ここで注意しなければならない重要な点があります。その不和年に発生する現象は、「すべてその個人の潜在意識の歪んだ部分から生じてくる」という事実です。

その年になると、「何か悪いことが外からやってくる」というわけではありません。その原因となる歪んだ心理が自らの深層心理の中に封じ込められていて、あくまでもそれが現象化しているにすぎないのです。たとえば、この年に入ったとたんにストーカーになる人がいます。その人は偶然に運が悪くてストーカーになったのではありません。以前から、自分の深層心理の中に強い性的な情動を秘めていて、その年になるとその衝動が抑えきれなくなるのです。

またある人は、このような年に入ると「うつ病」にかかります。これも偶然にそうなったというわけではありません。その年より以前に、対人関係でのトラブルがあり、それが深層心理の中に抑圧されて封じ込められていたのです。そして不和年に入るとまったく抑圧がきかなくなり、意識の表面に浮上してきて現象化されるのです。運命分析ではこのような現象が発生する年を「不和年」と呼び、運命に危機的な影響を及ぼす年として非常に重視します。

実際に、この年には重大な事件や病気、事故などがかなり高い確率で発生するのです。その時の相談者の運命が、まさにそうした不和年に当たっていました。ですから私は、その相談者の方に「何か思い当たる節はないのですか?」と尋ねたわけです。なぜなら、その年に生じるこうした現象が、ただの偶然において発生するものではない、という確信があったからです。これは私の運命研究から導き出されてきた重要な運命法則の一つです。

因果応報の原因は過去にある


「私が何か悪いことをしたのですか?」その相談者は、こうした因果の法則があることを知りません。ただ、この法則は本人に自覚があろうとかなろうと、まったく関係がないのです。私はその相談者の方に、自分の過去を振り返ってみるように指示しました。こうした偶然のように思える現象でも、その時期にピタリと符合して発生することがあれば、それはただの偶然では片づけられない何かがあるからです。

沖縄占い―因果応報の原因は過去しばらく男性は沈黙していました。でも数分後に何かを思い出したようでした。その男性は小さなくぐもった声で言いました。「ちょっとだけ思い当たる節があります・・・」予想通り、その原因は過去において存在したのです。その男性は家業を継ぐ前に勤めていた会社で、営業という立場を利用して不正を働いていたのです。仕事を下請けに流す際に、その下請け会社から高額のマージンを取っていたようです。それは10年近くの歳月にわたっており、かなりの金額に上ったはずです。本来はその職に見合うだけの収入はもらっていたはずです。

つまり、会社の特権的な立場を利用しての不正な行為でした。そうした不正な行為による収入は、実際の仕事量とは全く比例しない不当な収入にあたるのです。それは何よりも自分自身が知っている事実です。こうした不正な行為は、その当事者の潜在意識の中に深く刻みこまれます。その事実を誰が知らなくても、自分自身はその不正行為をはっきりと記憶しているのです。運命の法則はこうした矛盾した心理や記憶を、全て健全に整合化させるように機能しています。

ですから、それが不正な行為で得た収入であれば、まったく同様な理不尽な現象のもとにそれを再現させるのです。この男性の例でいえば、ある日突然、まったく理不尽な不渡り手形をつかまされ、自らがかつての会社に対して為したように、不当な金銭奪われ方をするというわけです。

因果応報の意味とは


「そうですか、わかりました・・・」その男性の相談者は、何となく理解したようです。こうした運命の法則は厳然として存在します。昔から言われていた「因果応報」の原理は、こうした運命の世界においても間違いなく確認されるのです。ただ、いまだに多くの人はこうした運命の法則が存在していることを知りません。誰にもわからないからといって、不正を働く人のなんと多いことでしょうか。

沖縄占い―因果応報の意味不正は必ずしも他人によって裁かれるのではありません。本当に不正を裁くのは、「自分自身の内なる心」なのです。その内なる心は運命の世界と密接に関連しており、自らのなす行為、自らの考え方などを深層心理の中に深く刻みこんでいるのです。もしそれが不正に関する情報であれば、自らの環境を不正な法のもとに再現していきます。

つまり、自らが為した事を自らが償うのです。ただ、それはすぐに自分の下に返ってくるというわけではありません。運命の世界には大きな周期性があり、その周期の状態に応じて、その時の状況が再現されるまで待たねばならないのです。善いことも悪いこともすぐに返ってこないのは、こうした運命の世界に本当の理由があるのです。その大きな循環律が「因果応報」の原理をわかりにくくしています。善でも悪でもすぐに結果が出れば誰でもわかりやすいでしょう。

ただ、自然の法則は人間の都合だけで機能しているわけではありません。反対に、人間が大自然の法則の下に生かされているのです。「これからは、自分の行為に責任を持ちたいと思います」その相談者の男性は、自らの過去の行為を恥じていました。彼はとても現実的なタイプの人で、その時代に一般的だった当時の慣習に従ったのでした。その当時は、このようにしてマージンをもらうことが当たり前の時代だったのです。

誰もがそうした行為を当然の権利のように行っていたのです。ただ、世間の常識と運命の法は、必ずしも一致するものではありません。本当の法というのは、自らの心の奥深くに存在しているのです。それが真の法なのです。それは現在の法律や社会の慣習とは何の関係もありません。自然の法はあるときは厳然として人間の行為を厳しく裁きます。
でも、ある時は寛容に人間の行為を許す時もあるのです。それを決めるのは運命の世界に存在する「心の法」なのです。運命の世界はこうした因果応報の原理も内包して、私たち人間の生き方を均衡化させていくのでしょう。



沖縄占い―通信講座

運命を一瞬で読む、プロレベル通信講座


1) 運命をソフトを使用することで、どんな人の運命も瞬時にリーディング。性格、才能、能力、気質、体質、運勢を瞬時に読み解きます。ビジュアルグラフの使用で、誰でもプロレベルの鑑定が可能に。

2) 初心者の方でも最短3ヶ月、通常でも6ヶ月間で、本格派の琉球四柱推命がマスターできます。これまで難しくて手が出なかった四柱推命が、驚くほど簡単に学べます。

3) 教材の到着後、すぐに使える「日取りカレンダー」が付いています。四柱推命で計算した吉日を選択して行動しましょう。面接、商談、旅行、引越し、デート、あらゆるシーンで開運効果が期待できます。

4)受講料は本格派ながらも、どこよりも格安。驚きの低料金で、本格派の四柱推命が学べます。あなたの運命を変えるチャンスがここにあります!


◇ さらに詳しく知りたい方は、「琉球四柱推命学校」のサイトへ
◇ お電話の問い合わせは、TEL 098−995−0730 へ電話ください。


沖縄占い鑑定についてtopics

電話鑑定を希望の方                            

琉球四柱推命を使った運命鑑定を、電話で受けることができます。あなたの悩みごとをご相談ください。

30分コース=5千円、1時間コース=1万円です。事前に電話で予約をお取り下さい。予約時に相談する方の生年月日(時)をお知らせください。

1)事前に電話で予約をお取り下さい。
2)予約後、下記口座に鑑定料金を振替してください。
3)決められた日時にお電話ください。

予約電話 098−995−0730

振替口座 01750−3−0090489
加入者名 オフィスファル

※振替口座は郵便局の振替口座です。郵便局の窓口、あるいはATMより青い用紙に記入して送金ください。電信扱いの場合はすぐに確認が取れますが、文書扱いの場合は振込確認に3日ほどかかります。相談をお急ぎの場合は、電信扱いでお願いします。(振込料が異なります)

         
                 

 出張で鑑定を希望の方

那覇の占い鑑定所は、2014年7月15日をもちまして終了しました。ご愛顧くださりありがとうございました。今後は、出張鑑定での鑑定となります。完全予約制となります。

1)運命鑑定希望の方は、事前に電話で予約してください。
2)出張場所は、糸満市のファーストフード店となります。
3)予約時に、生年月日時をお知らせください。(生誕時間までわかると精度が上がります)


◇鑑定料金 10,000円(1時間以内)完全予約制です。(1人〜4人まで可能)

TEL 098−995−0730



琉球四柱推命で、その人の運命を瞬時にリーディングします!


琉球四柱推命は、その人の生年月日時、生誕地の情報から、その人の運命を瞬時にリーディングする新しい四柱推命です。その人の性格、才能、能力、人間関係、進路、適職、相性、運勢など、驚くほど正確な運命鑑定ができるのは、琉球四柱推命ならでは。あなたも琉球四柱推命で、自分や家族の運命鑑定を受けてみませんか?

沖縄占い鑑定

〒900-0013
沖縄県那覇市牧志3−4−8ー2F

TEL 098-995-0730